14 July, 2011

b-mobile Fair を手に入れてみたよ

ソフトバンクの回線をやめて、さてどうしようかなとアレコレ悩んでおりました。

Androidが楽しすぎて、でもメインキャリアのdocomoではまだこれという機種は出ないし。
Nexus One のwifi運用を考えて、WiMAXのお試しもやってみたけど、建物の中や地下に居ることが多くて3G回線を置き換えるには至らない。e-mobileはなんかパフォーマンス悪そう(と勝手に思う)

b-mobile、どうなの? イオンのやつとか、U300とかいろいろ出てるけど使えるの?
なんて思ってたところで、はたと気がついたのが b-mobile Fair
とりあえず、docomoの秋冬モデル(半数以上スマートフォンで出してくるとか)まで待つ事にしたし、つなぎとして120日9000円弱ならまぁ良さそうだなーと。

そこで、アマゾンさんでポチって今朝到着したのがこれ。日本通信のWebで買うよりちょっとだけ安いかな。

ぺらんぺらんなのに、箱入り娘状態で到着したよ

中身はこのとおり、FOMAのSIMですね

パッケージの内側にはAPN情報、裏側には080で始まる電話番号が書かれています。
といってもこのSIMはデータ通信専用なので、音声通話はできません。

よし、N1にセットだ!と寝惚け眼で裏蓋を外して電池を外してごそごそ。
あれ? SIMが刺さらないー?!

...SBMのSIMが刺さりっぱでした、わはは。

気をとりなおしてもう一度。特に問題なしっぽいです。

使用開始にあたってはまず、家の電話とか携帯から開通の手続きが必要。発信者番号通知が必要なのですね。かける先はフリーダイヤルで、発信者番号通知コードも含めて186-0120-9**-*** といった番号が明記されています。
電話の向こうは自動音声システムで、「日本語での説明は1を、・・・」という感じ。すかさず1をプッシュ。すると「電話番号を入力してください」との事なので、パッケージ裏の番号をピポピポ入力。手続きはこれだけ。5分くらいで開通と言ってたかな。10分後くらいにはもう確認できたのでたぶんそのくらいでしょう。

b-mobile Fair は1GBのデータ通信ができるSIMで、120日間または使い切るまでという利用ができます。期限終了後、またはデータを使い切ったあとはチャージをして使うことができます。データ使用料やチャージについては、b-mobileのサイトに登録して、「My b-mobile」というマイページから行うことができます。

さらに、AndroidにはbChargeというアプリがあってそっちからもデータの使用量や有効期限を見ることができます。これは便利。以前は継続して使うかどうかにかかわらず、クレジットカード番号の入力が必須だったようですが、今は必要ないですね。
データの更新はさすがにリアルタイムではなく、数時間おきという事だけど十分でしょ。

明日から、外出時に使ってみて毎日のデータ使用量なんかをちょっと見てみまーす。

これでーす







 

No comments:

Post a comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...