21 November, 2014

Brighton day 2: Head to Seven Sisters! / ブライトン2日目は少し遠出のセブン・シスターズへ

天気も良いし、街歩きより少しどこか行ってみようかな。
そういえばセブン・シスターズってここから行けるっていう話だったなー、よし。

そんなわけでGoogle先生に聞いてみたところ、近くのバス停から出るバスで行けるみたい!


でもまずは朝ごはん。イングリッシュ・ブレックファーストを選んでみました。もちろん紅茶と。
ほかにも何種類かから朝食が選べるんだけど、まずはこれでしょう。

目玉焼き、ベーコン、焼きトマト、ソーセージ、ブラックプディングにマッシュルーム。

ブラックプディングを最初に食べたのはスコットランドだったかなあ? 大好きなんだけど、日本では見つからない。イギリスではスーパーとかでも普通に売ってました。何度か買って家で焼いて食べたよね。



 そして、バスに乗った!同じ系統で各停と急行的なのがあったので迷わず速い方。ダブルデッカーの2階は、眺めも良くて楽しい。街路樹の多い道を走るときは、道路まで伸びてきた木の枝なんておかまいなし、ごんごんぶつかってきます。バスが通る道では、枝ぶりがバスの屋根の形(つまり直角な感じ)にえぐられてるところも多い(笑)


どこで降りるんだろうー? と思ってたらドライバーさんが「セブン・シスターズここだよ!」と大声で。夫婦ぽい外人さんが降りていくので、あっと思って私も続いて降車。

えーと、クリフないよね・・・?てゆーか、海見えないよね・・・ここはどこ?


バスを降りたのはセブン・シスターズ カントリーパークというところの入り口でした。トレイルがいくつかあって、海の方へはビーチトレイルを行けばいいっぽい。



ビーチトレイルはこのサインに従って歩きます。結構な距離あるよ(笑)


がんがん歩いて歩いて途中で牛とか羊がいたり、沼地のようになっていたり。
そこを過ぎると、とうとう見えてきた真っ白の岸壁!

セブン・シスターズ クリフですよー

海岸はサンドビーチ(砂浜)ではなくペブルビーチ(じゃり)なのです。


じゃりじゃりの上をよろよろ歩いて、岸壁に着いた!疲れたー



じゃりの上に座って海風にあたりつつしばらくぼーっとしたのちモドル。
晴れて日が差してくると暑いくらい。


帰りは各停のバスでゆるゆると。バスの2階は眺めがいいね。帰り道にも白っぽい崖がありました。



駅前まで来たので適当なPUBに入ってサイダーを。
甘くて冷たくて美味しいね


少し日が陰って来てからのBrightonPier(桟橋)はライトアップされて、なんとなく熱海風味(笑)

明日はもうブライトンを離れてサザンプトンへと向かいます。
サザンプトンでは友人宅に御世話になるのでとりあえず宿の心配はなし。おみやげに頼まれたラ王5パックを持ってGOだよー




No comments:

Post a comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...