05 September, 2011

EPSON colorio この秋モデルにトライ

使いやすさを追求したプリンターを体験!
エプソン「カラリオ新作モデル タッチ&トライイベント




西新宿まで行ってきました~。


プリンターを選ぶ時、いつもどういう基準で選びますか? 
そもそも自宅でプリンターってどのくらい使いますか? 


年賀状はとっくに出さなくなっているし、写真は1時間くらいでプリントしてくれるお店がたくさん。数枚程度の文書だったらUSBメモリに入れてコンビニへ。いったいいつ使うんだプリンター!?
そんな私が見たエプソンの新作カラリオは。











まず販売推進本部長、中野さんからカラリオ全般についての説明が。




CMのイメージキャラクターの2人。動画も見ました。黒木メイサがメイドさん役でカワイイ。
メイドのコンセプトは「いたれりつくせり」ですね。





EPSONはブロガー向けにこれまでもさまざまなイベントを行っていたりしているそうです。写真に絡めたものも結構ありますね。プリントに自信があるEPSONという感じ。











続いては「フク隊員」 この後のプレゼンからタッチ&トライまでを一手に引き受けていた方です。




EPSONの名前の由来はこうで




colorioの名前の由来はこうなんだってー


EPSONが長野の企業だってことは以前友人が勤めていたので知ってたけど、こういった名前の由来まではさすがに知りませんでした。へぇ~。






とつぜんですが、新モデルです。一人一台試せるようになっていました。黒、白、赤のカラーがキレイ。黒は光の具合で実は濃い青に見えます。天板はエンボス加工(ざらっとした手触り)で、手垢とかが目立ちません。写真では蛍光灯が反射して光ってるけど。


まぁもう、何が出来るのかみなさん興味津々。スイッチを入れてスタートです。





面白いのは、人間が何をしたかによってプリンタが機能を絞ってくる「先読みガイド」。
例えば上部のカバーを開けたら、「コピーか、スキャンですよね?原稿台を使う機能、ハイどうぞ!」という感じなのね。
これは使い慣れていない人には便利なんだろうな。





メモリーカードを挿した時もこういう表示に。ちなみに、メモリーカードは全ディレクトリ検索してくれるるようです。カメラフォーマットのカードに追加で別の場所にもデータを入れて持っていったけど全部見つけてくれた。エライ。





プリント方法もさまざま。文書をメール添付して印刷できるとか、スマートフォンのアプリから印刷できるとか。 Google Cloud Print にももうすぐ対応です。へぇ~。


後半はおやつを食べながら、あれこれと。メモリカードから写真印刷、Androidのアプリから写真印刷、罫線印刷も試してみたり。写真はさすが専用の用紙でキレイ。写真の上に落書きしてプリントする機能もなかなか面白かった。





こんなおやつとテーブルでした。みんなで撮った写真もこの場ですぐプリント!


さてさて、プリンターっていろいろできるのね。
今回モニター機を年明けまで貸していただける事になりました。
ちょくちょくとレビューをば。



これの後継機になるのかな?

当日の写真セットはこちら
http://www.flickr.com/photos/lhuga/sets/72157627599161144/with/6116031727/

No comments:

Post a comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...