10 January, 2018

LOSE YOUR MIND

お正月が明けたか明けぬかという3連休の初日。
DAVID SHRIGLEY の [LOSE YOUR MIND] を見に、水戸芸術館まで行ってまいりました。


※ British Councilのプレゼント企画に応募してチケットを頂いたものです。


さて、東京から水戸への交通手段は、電車やバス、車などがありますが今回はバス。
東京駅は八重洲南口のバスターミナルから、各方面へのバスが出ています。水戸方面は4版乗り場。交通系ICカードで乗れるバスもあるけど、今回は往復割引利用で先にチケットを買いました。チケット売り場はバスターミナルの端っこ。有楽町寄りの方にあります。ちょっと遠い。ここが待合室にもなっていて、トイレもあります。

9時過ぎのバスに乗る予定で待っていると、約20分位前から少しずつ人が並び始めました。乗り場は、途中の経由地別に並ぶ列が違うようですが、この時間は列が1つだけなので素直にそこに並びます。後から調べたところ、高速I.C.と水戸駅の間、市内のどこを回るかが異なったり、都内のどこを通るかが異なったりするようでした。

バスが出発すると、車内モニターがいきなり再起動のような表示で、黒い画面に白い文字が流れていきます。そう、Linuxの起動時のように。そしてこの画面がしばらく。

この後、普通の行き先(停止バス停)画面が表示されました。


さて、友達と付きない話をしていたら、ばびゅーんと時は進んでJR水戸駅バスターミナルに到着。


いつも通り行き先についてあんまり調べていないので、とりあえずJR水戸駅の改札付近まで行った所、吊るし雛が飾られていました。これ結構手が込んでいて、買うと恐ろしく高いものもあります。去年、友人のベイビーへのプレゼントにしようかと思って探したら、桁が違ってびっくり。カワイイよね。



今回の目的、水戸芸術館は、水戸駅北口のバスターミナル(東京からの高速バスが到着する側とは反対)から出ている循環バス、または4-7番乗り場 から出ているバスで割とすぐ。170円。整理券を取って現金で払うシステム。Suicaは使えませんでした。


水戸芸術館は、特徴的なタワーが目印の美術館。
天気良くてぽかぽかしてサイコー!
翌日は成人式も行われたようです。この日はリハ中でした。


そして、David Shrigleyの展示へ。写真OK。
美術館自体はものすごく大きいものではないので、2,3時間もあればゆったり全部見ることができるかなーと思います。3連休の初日だったけど空いてたし。


これはロンドンのトラファルガー広場にあるブロンズをバルーンで再現したものだとか。
あぁロンドン帰りたい。




なんかもういろいろ謎で超面白い。

この他にも、頭のない剥製、陶器の長靴たくさん、そして映像作品もいろいろあってどれも面白い。本人の映像を見ると、とてもおだやかな感じの人で作品とのギャップがまた!


もちろん、タワーにも登りました。200円。
丸窓から、周囲の景色を見渡すことができます。


タワーの外観はこんな感じ。高さ100メートル!正四面体を28個積み重ねた形です。
Mathematician的にはたまらない感じ♡


展示は1月21日まで!
もしちょっとでも時間があればぜひどうぞ!



水戸ってすごく遠い気がしてたけど、東京駅から電車やバスで2時間余り、さくっと日帰りもできちゃうところなのでした。
おみやげは水戸駅の駅ビルで。正直コレといったものは見つからなかったけど、常陸野のビールやサイダー買えるし、納豆も買える!


東京駅に戻った後、日本橋ブリュワリーでちょい飲みしてから帰りました。
お1人様バンザイ!




04 January, 2018

山手七福神巡りへ

2018年1月1日
毎年恒例友人との初詣、今年は七福神巡りへ行ってみた。
七福神巡りのヒントは別の友人から。教えてくれてありがとう!


今回の待ち合わせは目黒駅。
そこから雅叙園の方に下る坂の途中に大圓寺がある。
ここは大黒天様のいるところ。友人はここで御朱印の色紙をゲット。
このあと、行った先で御朱印をもらっていくための色紙。

そこからさらに歩いて蟠龍寺へ。ここには弁財天様が。
お寺はこじんまりして親戚の家の庭みたいなところ。小さい池もあったりして。
お参り前に色紙(とか御朱印帳)を預けてお参りするのが良さそう。

ここからもう少し歩くと龍泉寺(目黒不動尊)
ここは恵比寿様のいるところ。目黒不動尊の参道は、甘酒や焼き鳥の出店で賑わってた。

天気が良くて気持ちいいね。日向は暖かい。
目黒不動尊はやはり他に比べて大きいのでなかなか人が多い。それでも、以前行った
神田明神とか日枝神社よりはスムーズに進んだ。
入り口でいろんなカレンダー売っててちょっと吹いたw
あと、白蛇を見せているお店も。


さて、次は白金台駅の方に向かうのだけど、途中で蛸薬師と羅漢寺に立ち寄り。

蛸薬師は幸せを吸い取るらしい。わりとゆるいタコの絵が飾られている。まんまとお賽銭も吸い取られた(気がする)。
羅漢様は筋骨隆々とした像が目黒通りに鎮座しているが、実際のお寺は少し奥に入ったところ。この像は右手に小槌、左手にのみを持って彫刻家然としている。羅漢寺は通常入場料がかかるけど、お正月で無料。なかなか興味深いお寺だった。


さて、目黒駅前まで戻ってきたら白金台の方に歩いて行く。
白金台といえば(?)、プラチナドンキw
外見はシックなグレーでプラチナ風味だったけど、中は特になんてことのない普通のドンキだった。小銭が尽きてしまっていたので、ドンキでスナックを買ってお賽銭調達w

ドンキを出てそのまま目黒通りを歩いていくと妙円寺への入り口がある。
ここは、福禄寿様と、寿老人様の二尊が祀られている、一挙両得なお寺。ただし御朱印をいただくには、靴を脱いで上まで上る必要あり。

目黒通りに戻ってさらに歩くと布袋様のいる瑞聖寺。入っていくとわりと工事中。
ファミリーに記念撮影を頼まれたw

さらに目黒通りを下って、最後の覚林寺へ。ここには毘沙門天様が祀られている。
そして加藤清正公を祀る日蓮宗の寺院だそう。
入口入ってすぐのところに毘沙門天様の祠があった。


ここにて七福神様全員制覇。


お昼からゆっくりと回り始めたため、もう夕方近い。
ちょいと飲んで帰るのが毎年の習慣になってるので、さてどこに行こうという感じで
白金高輪駅の方まで歩いて、バスで恵比寿へ。
元日とはいえ、恵比寿ならなんかやってるだろうという目論見。

あれこれ見つつも、通りがかったヤミツキヤへ。
生姜とニンニクがテーマぽい居酒屋。キャベツ食べ放題で、テーブルにおいてあるしょうがドレッシングとにんにくドレッシングがなかなか美味しい。

飲んで食べて、今年も楽しい新年の始まりとなった。
今年でもう3回目とな。
毎年一緒に過ごしてくれてるつなっこちゃんいつもありがとう。


30 October, 2017

ヨコハマトリエンナーレ2017に行ったよ

会期残りあと2週間、というところでようやくヨコハマトリエンナーレへ。

最初にトリエンナーレ行ったのは横浜に住んでいた頃。インターコンチネンタルホテルの外壁に大きなバッタが貼り付いている回でした。
他にもみなとみらいの海沿いのあたりに、カラフルな木のオブジェがあったり、みなと大通りの街路樹の横にうさぎがいたりと、街中を全力で楽しめるイベントで、大好きで会社帰りに用もなくふらふらと歩き回ってたのを思い出しました。

そんな大好きな街の大好きなイベントなのに、なかなか足を運べず気がつけば10月も半ば。コレはまずい、終わってしまう前に!というわけで本牧在住の旧友を誘って台風の中歩き回って来ました。

最初に行ったのは、開港記念会館地下にある プロジェクト・ゴジラ
あんまりタイトル気にせずに行ったのに、「ゴジラ映画見た?なんかゴジラっぽいね」という友人。なんだろうこの赤い照明とかのせいかな。




ここから、赤レンガ倉庫に移動して映像作品とか謎の楽器ぽい演奏とか。





そして横浜美術館。いきなりカニカニカニ(笑)

そのすぐそばで見上げるとなんかいるし

サブカル風味もたくさんあった



結構長めの映像作品もいくつか。

マレーシアの離島に漂着した人の話は、ベトナム難民の話にかぶせた映像で、40分ほど見入ってしまいました。

この人形劇は2時間くらい?会場内にじゅうたんが敷かれていて、自由に座ったり寝転がったりできるもの。さすがに2時間見たら閉館時間になっちゃうので頭ちょっとだけ見て次へ。時間があればゆっくり見てみたいな、というものでした。
その前に、あらすじをかんたんに把握してから見たいような気もしたけど。


そしてこれはよくシェアとかされてるカラフルなくまたち。
大きくてほんとかわいい。


こちらはワークショップ会場にあったもの。作れるのかな?

1日たっぷり楽しんで閉館時間まで。
台風の影響で雨風が強くて、外の展示の写真とか撮れなかったのは残念でした。

残り1週間は、閉館時間も延長されたりするようなので
まだ訪れていない人はこの機会にぜひ、オススメです!

06 October, 2017

カズオ・イシグロ氏 ノーベル文学賞受賞!

昨日の夜、丸善でふと
「そういえば、カズオ・イシグロのあれなんだっけ、読みたいな」と検索した本がありました。その本とは「忘れられた巨人」。まだ読んでなかったから。

もう文庫になってるかと思ったけど、発売は10月18日予定です。もうちょっと待とう。
# おっと、13日に繰り上げられました。
## さらに14日というおしらせ


今日の丸善、平台には洋書のみが並んでいて、そこだけ凹んでた。売れてるんだね。


25 September, 2017

UK Fintech Night in Tokyo へ #英国アンバサダー

9月21日は、久しぶりのイギリス大使館。

#英国アンバサダー プログラムでご招待頂きました。


ここ数年「◯◯ IS GREAT」というスローガンを掲げて、英国のプレゼンスを上げたり、日本との関係をより深めようというキャンペーンが行われています。

今回のイベントは「TECHNOLOGY IS GREAT」というテーマで最近熱い Fintech を取り上げており、イギリス発の金融関連スタートアップ数社がピッチを行い、投資家やパートナーに出会うことができるというもの。また、これは FIN/SUM WEEK 2017 のプログラムの1つでもあります。私自身は金融業界と全く関係がないのですが、将来の1ユーザーとして各サービスの話を楽しみました。


まずは、駐日英国大使 ポール・マデン氏から日本語を取り混ぜてのご挨拶。


続いて、デジタル・文化・メディア・スポーツ省のデジタル担当大臣のマシュー・ハンコック氏より、金融エリアに関する英国政府の取り組みについてのお話。マシュー氏も最初日本語で挨拶をされました。内容はというと結構アグレッシブな感じで、開かれた政府、セキュリティの強調など、まさに国のデジタル化を引っ張っていっているという印象。




続いて金融機関側からはBarclaysでイノベーション担当の偉い人 マイケル・ハート氏
おぉぉぉ、とどよめきがあがりました。周りに座っているみなさんは銀行関連の方が多かったのかも。


この後はパネルセッションでした。進行役にマネーフォワード瀧氏を迎えて、WirexのPavel Matveev氏、Money MoverのHamish Anderson氏、Finatext 林氏、bitFlyer加納氏の顔ぶれで、まずはそれぞれ会社と自己紹介。続いて、スタートアップが国外に出ていく時のチャレンジについて等々興味深い質問とそれについての回答・意見が交わされました。



パネル後はスタートアップのピッチ大会。それぞれ5分の持ち時間を使って自社・プロダクトの紹介などを行います。5分って長いようで短いような感じで、オーバーする人多数。
それでは以下、簡単にご紹介。私が特に気になったのは、Darktrace、Miracl、Wirexでした。

Darktrace サイバーセキュリティ

DivDoc   コンプライアンス

Finantix   smartKYC
9月22日のピッチランで農林中央金庫賞を受賞しました。おめでとうございます!



MIRACL 認証

MONEY MOVER ペイメントプラットホーム

OHALO データ出所追跡

opportunity network ビジネスマッチングプラットホーム

Tradle  ブロックチェーン
9月22日のピッチランで、大賞受賞でした。おめでとうございます!

Wirex リテールバンキング


今後、銀行、デジタルカレンシー、そしてそこを支えるセキュリティ。このあたりが密接に関連していろんな仕組みがガラリと変わっていくんだろうなぁと実感した夜でした。


ピッチの間もずっとバーは開いていて、終始ゆったりリラックスした雰囲気。そしてやはり英国大使館、Prestatのチョコレートも甘いものとして出てました ^ ^
今や三越で買えるようになりましたねー、大好き。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...